はじめに(profile)

更 新 履 歴

カテゴリー

登山ルート

登山/トレッキング記録一覧
行きたい山行ルート一覧

■日本100名山
利尻山
羅臼岳
斜里岳
阿寒岳
旭岳
トムラウシ
十勝岳
幌尻岳
後方羊蹄山
岩木山
八甲田山
八幡平
岩手山
早池峰山
鳥海山
月山
大朝日岳
蔵王山(熊野岳)
飯豊山
西吾妻山
安達太良山
磐梯山
会津駒ケ岳
那須岳
越後駒ケ岳
平ヶ岳
巻機山
燧ケ岳
至仏山 未レポ
谷川岳
雨飾山
苗場山
妙高山
火打山 未レポ
高妻山
男体山
日光白根山
皇海山
武尊山
赤城山
草津白根山
四阿山
浅間山
筑波山
白馬岳縦走
五竜岳・唐松岳縦走
鹿島槍ヶ岳
剣岳
立山三山縦走
薬師岳
黒部五郎岳縦走
水晶岳
鷲羽岳
槍ヶ岳
奥穂高岳 独標まで
常念岳
笠ヶ岳
焼岳
乗鞍岳
御嶽山(黒沢口)
美ヶ原(王ヶ頭) 冬Ver
霧ヶ峰(車山)雨天編
蓼科山
赤岳・横岳・硫黄岳縦走
両神山
雲取山
甲武信ヶ岳
金峰山途中撤退編
瑞牆山
大菩薩嶺途中撤退編2回目
丹沢山・塔ノ岳・蛭ヶ岳縦走
富士山(富士吉田口)
天城山
木曽駒ヶ岳
空木岳
恵那山
甲斐駒ケ岳
仙丈ケ岳
鳳凰三山(夜叉神峠)
北岳・間ノ岳縦走
塩見岳
赤石岳・悪沢岳縦走
聖岳
光岳
白山(石川)
荒島岳
伊吹山(滋賀)
大台ヶ原(奈良)
大峰山
大山(鳥取)
剣山(徳島)
石鎚山(愛媛)
九重山
祖母山
阿蘇山
韓国岳
開聞岳
宮之浦岳

■その他の山
燕岳
奥大日岳
蝶ヶ岳
西穂独標
千畳敷カール(乗越浄土含)
冬の千畳敷カール
入笠山
天狗岳(桜平登山口)
北横岳
三ノ塔・塔ノ岳縦走
鍋割山
高尾山・景信山・陣馬山縦走
御岳山・日の出山
外秩父七峰縦走
武奈ヶ岳(滋賀)
御在所岳(三重)
御在所岳【冬】(三重)
金剛山(大阪)

■山小屋の宿泊体験記
白馬山荘(白馬岳)
燕山荘(燕岳)
五竜山荘(五竜岳)
横尾山荘(槍・穂高・蝶)
太郎平小屋(薬師岳)
黒部五郎小屋(黒部五郎岳)
双六小屋(三俣蓮華岳)
北岳山荘(北岳・間ノ岳)
白根御池小屋(北岳)
北沢峠こもれび荘(仙丈ケ岳)
赤石小屋(赤石岳)
荒川小屋(赤石・悪沢)
千枚小屋(悪沢岳)
赤石温泉白樺荘(赤石・悪沢)
ホテル千畳敷(木曽駒ヶ岳)
くろがね小屋(安達太良山)
尾瀬御池ロッジ(平ヶ岳)
雷鳥沢ヒュッテ(立山)
八方池山荘(唐松岳)
王ヶ頭ホテル(美ヶ原)
五の池小屋(御嶽山)
白雲荘(乗鞍岳)
薬師岳小屋(鳳凰三山)
瑞牆山荘(瑞牆山&金峰山)
赤岳天望荘(南八ヶ岳)
オーレン小屋(北八ヶ岳)
白山室堂山荘(白山)
雲取山荘(雲取山)
みやま山荘(丹沢山)
尊仏山荘(塔ノ岳)
ロッジ長兵衛(大菩薩嶺)
法華院温泉山荘(九重山)

■ロープウェイ等
黒部立山アルペンルート
富士見パノラマゴンドラ
新穂高ロープウェイ
駒が岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ
蓼科牧場ゴンドラリフト
北八ヶ岳ロープウェイ
筑波山ロープウェイ
御岳登山鉄道(ケーブル)
御在所ロープウェイ
金剛山ロープウェイ
石鎚登山ロープウェイ
剣山リフト

■長距離フェリーの乗船体験記
さんふわらあ(神戸−大分)

■高速バスの乗車体験記
[お盆]長野線(新宿−長野駅)
ドリーム金沢(東京−富山)
諏訪岡谷線(新宿−茅野BS)
伊那飯田線(新宿−駒ヶ根市)
あぶくま号(新宿−福島)
びわこドリーム(横浜−彦根)
つくば号(東京−筑波)
名古屋湯の山温泉高速線

登山グッツ

■登山に役立つ書籍
ランドネ
PEAKS(ピークス)
週刊ふるさと百名山
ワンダーフォーゲル
山と渓谷
他アウトドア関連雑誌
日本百名山

■必需品(3種の神器)
┣ザック&バック
┣登山シューズ
┗レインウェア

■出来れば欲しい!
サポーター&タイツ
L1 ドライレイヤー
┣帽子
グローブ

■あると便利です♪
┣ヘッドライト
ストック
旅レコ(GPSLOG)
芍薬甘草湯

■山を楽しむ道具達♪
活動量計 Fitbit ChargeHR
デジカメ Canon G16
山コーヒー

山登り便利リンク


■アウトドアウェア





■登山アクセス

ポイントアフィリエイト







■宿泊施設


過去ログ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




2011.08 富士山(本8合目⇒登頂⇒下山)


☆ランキングに参加しています。クリックで一票!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ登山・キャンプ人気ブログランキングへ

2011.08 富士山(5合目⇒本8合目)はこちらです。

登山ログ:
2011.08 [日本100名山] 富士山 3,776m 曇⇒晴れ 

 ※参考山と高原地図 富士山 御坂・愛鷹 2011年版
 ※参考登る女 富士山・立山編 [DVD]

タイムスケジュール:
05:08 ご来光晴れ

06:20 富士山ホテル(本8合目) 出発
06:40 御来光館(8.5合目) 到着
07:15 迎久須志神社(9合目) 到着
08:00 富士山頂 到着

08:45 富士山頂 下山開始
09:30 8合目分岐 到着
10:25 吉田口下山道(7合目) 到着
11:05 安全指導センター6合目 到着
11:45 富士スバルライン5合目 到着

 ※本8合目⇒山頂 所要時間 1:40 (登り合計 6:00)
 ※山頂⇒5合目  所要時間 3:00


※ルート情報はI-O DATA 旅の思い出の足あとを楽しむGPSロガー GPSLOGを使っています。

富士山 登山記:

食事が終わるとまだ18時。山小屋の夜は退屈です・・・。風呂も無いですし。
明日の為に早く寝ようったって、19時には寝れるもんではありません。

夜の楽しみは、綺麗な夜空と夜景月です♪
夜景を見ようと20時頃外にでますが、めちゃくちゃ寒くて長時間居れませんでした。かなりしっかり着こまないと風邪ひきそうです。ちなみに夜2時頃外に出ましたが、寒くありませんでした。山の気温って不思議です。


<夜中2時頃の富士山ホテル前>
夜2時山小屋前

平日なのに山頂に向かう人でごった返しています・・午前2時ですよ。休日だったらどうなるんでしょう。ぞっとします。これだけヘッドライトが点灯してると星空は綺麗に見えません。


<山小屋でのご来光>
ご来光

ご来光です。何回見ても飽きませんね〜。
今回は山中湖にご来光が映って、二重ご来光でした♪

最近は無理して山頂で見ることは少なくなりました。トイレも混むし寒い中でのご来光待ちと場所取り。
渋滞して無理して山頂まで行っても大変なだけ。
8合目でも十分綺麗に見えますしに山小屋前は、意外と人が少なくて快適なのですよ。


<富士山のB級朝ごはん>
朝食レトルト牛丼

山小屋の朝食は、いつもの「レトルト牛丼(甘)」です。
写真はレトルトパックを開けてご飯にかけた絵。人によると思いますが私は結構この味好きです。
山小屋でご来光を見ると、その後、ゆっくりと富士山ホテルで朝食を食べれますヨ。


<富士山ホテル前:朝の雲海>
朝の雲海

今回の富士登山はほんとに天気に恵まれました〜。雲海も薄い。


<リタイアゾーン:9合目付近>
山頂まで

景色が良かったので山頂までの登山も快調です。でも、山頂が近くに見えるも9合目付近は結構足場も悪く、疲れや若干の高山病のために時間がかかりますね。

過去の経験からも、この8.5〜9.5合目付近でリタイアする確率がとっても高いです。
登山道の脇には、グデングデンになった登山者が結構います。


<山頂(久須志神社)へ到着!>
富士山頂に到着

山頂(ホントは違うけど)に到着しました〜。賑やかですね。
記念にピンバッジ購入。ここでは日付を打ち込んでくれます(700円)。

ちなみに前日の日付が打ち込まれたピンバッジを値引きして売ってました。


<富士山火口>
富士山火口

富士山火口は、お鉢巡り道からちょっと行くと見れます。お鉢巡りは更に1時間くらいかかりますので体力と相談ですね。今回は剣が峰をパスして、お鉢巡りをほんの少し楽しんでから下山です。


<奥に見えるのは・・・>
芦ノ湖見えました

奥に見えるのはなんと、箱根駒ケ岳と芦ノ湖です。
デジカメでは写せなかったのですが、今回は江ノ島まで見えてました。確かに国道134号線走ってると富士山が見えるので、富士山から見えるのはオカしくないのか。

なんだかちょっと感動です。


<名残惜しく下山>
山中湖を眺める

いよいよ下山のお時間がやって参りました。日常生活へ舞い戻ります。

下山は登りより足にかかる負担は2倍です。
足の力も無くなってますので捻挫や転倒などに注意しながら慎重に下山しましょう。高山病だった人は、下山すればするほど元気になっていきますよ。

ちなみに途中にある7合目のトイレ。めちゃくちゃ汚かったです・・・(溢れてます)。
期待しないで5合目まで我慢したほうが得策かも。


そんなこんなで、登り6時間、下山3時間。
合計9時間の1泊2日の富士登山記録でした。

来年も行きますよ富士登山! 次はホントの山頂「剣が峰」をピークハントです!


2011.08 富士山(5合目⇒本8合目)はこちらです。
スポンサードリンク


☆ランキングに参加しています
人気の登山ブログへ(にほんブログ村)
人気の登山ブログへ(ブログランキング)






コメント
富士山、10回も行ってるんですね@@!「二度登る馬鹿」っていうけど、私も何度でも行きたい派です♪次回は山頂でご来光をと思っていましたが、こじかさんの記事を読むと、山小屋でご来光で正解なのかも。山中湖にご来光が映っている写真、幻想的ですごく素敵です。
  • ひなの
  • 2014/01/22 4:45 PM
富士山飽きてます!でも、最高峰に行ったこともお鉢巡りもしたことがなくて、あと一回は行かないとと思ってます(笑)

山小屋でご来光を見るようになったのは、山頂へ行けなかったリタイア組のおかげ、空いてるし、小屋へ逃げ込めるし、最高ですよ。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック